初対面でのコミュニケーションのコツ

ちゃこ

こんにちは。ちゃこです。

前回はコミュニケーションの大原則について記事にしましたが、今回は初対面の人のコミュニケーションで私が実施していることを記事にしていきます。

①その人の持ち物や服装から褒めて相手にこだわりの部分をしゃべらせておく。
顔や外見のパーツでは気にしている可能性があるので、リスクと取らないようにする。
芸能人に似ているという表現もその人がその芸能人を好きでない時にリスクになるのでなるベく避けるようにする。

下記の例のように話を進めるのがオススメです。

例:アクセサリーをゴリゴリにつけている人が相手の場合
「それめっちゃいい感じのアクセサリーですね!どこらへんで買ったんですか?」

例:服が個性的な人の場合
「服がめっちゃおしゃれですね!どこららへんで買ったんですか?」

②2割話す8割話させるを実践する
人は基本的に話すのが好きななのでこちらから話題を振っていく。
話し方はアベマTVの平石直之さんを参考にするのがよいでしょう。

③基本は会話を否定しない。
人は会話を否定をされると不快になります。
何か気になることがある時は質問するようにしましょう。
例:「○○という部分が気になったので教えてもらえませんか。」

※こんな感じで話を進めても相手が自分の趣味の話を一方的にしたり、自慢話をするような自己中で不快な奴だったら、雑に扱うようにしましょう。
不誠実な人に誠実に対応してもいいことはないです。
そういう人とつながっている人間もろくなもんじゃないので嫌われても問題ありません。
シカトしても問題ないでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次